• 2024年5月20日 6:33 PM

環境エピジェネティクス 研究所

Laboratory of Environmental Epigenetics

環境エピジェネティクス研究所(LEEG)の業績 

  • ホーム
  • 環境エピジェネティクス研究所(LEEG)の業績 

研究所員の環境エピジェネティクスに関する研究業績

講演
「化学物質とエピジェネティクス」(渋谷徹:新ちょぼゼミ)(2022年5月21日)

2021年以前
澁谷 徹:エピジェネティクス毒性学入門、ピコ通信(上・下)2011 化学物質市民会議
澁谷 徹:化学物質のエピジェネティクスによる経世代影響をめぐって.日化協 2011年1月
澁谷 徹:エピジェネティクスとは何か。なぜ重要なのか? 市民科学研究会 2021年9月

論文・論説                       
1.Tohru Shibuya, Wakako Takeda-Endo, Hajime Sui, Takumi Hara, and Yukiharu Horiya(2022): Intragenic recombination within the pun allele of the pink-eyed dilution locus in the pre-melanocytes and primordial germ cells of embryonic mice with N-ethyl-N-nitorosourea. Mutation Res., 873:503426, (2022)
2.Tohru Shibuya, Takayuki Kashima, Hajime Sui, and Yukiharu Horiya(2022): Transgene mutagenesis in the testicular cells of MutaTMMouse treated transplacentally with N-ethyl-N-nitrosourea at the primordial germ cell stages: Comparison with the specific-locus test and the intragenic gene-recombination assay. 881, 503513, (2022)
3.Tohru Shibuya and Yukiharu Horiya: Kenemi Yusho and Transgenerational Epigenetic Inheritance. J. Biomed. Res. & Env. Sci. 4 (3): 543-545. Doi10.37871/bres1708, (2023)
4.澁谷 徹・堀谷幸治:「カネミ油症」と継世代エピジェティック遺伝. JEPAニュース、Vol. 140 10-11, 2023

2021年以前
澁谷 徹:新しい毒性学の提案。環境エピゲノミクス研究会(2012)K. Shimoi and T. Shibuya : Introduction to the special issues on epigenetics. Genes and Environment, 33: 1-2, 2012
T. Shibuya and Y. Horiya : Introduction to Epigenetic Toxicology of Chemical Substances, Genes and Environment, 33: 34-42, 2012

学会発表

1.澁谷 徹、堀谷幸治:内分泌かく乱化学物質は継世代エピジェネティクス遺伝を誘発する 環境科学物質3学会合同大会、2022年6月、富山
2.澁谷 徹、堀谷幸治:内分泌かく乱化学物質は継世代エピジェネティクス遺伝(TEI)を誘発する第49回に日本毒性学会、2022年7月、札幌
3.堀谷幸治, 澁谷 徹:環境攪乱因子はレトロトランスポゾンを介して継世代エピジェネティクス遺伝(TEI)を誘発する。第49回日本毒性学会、2022年7月、札幌
4.堀谷幸治:環境攪乱因子はレトロトランスポゾンを介して継世代エピジェネティクス遺伝(TEI)を誘発する。第51回日本環境変異原ゲノム学会、2022年11月、広島
5.澁谷 徹・堀谷幸治:「継世代エピジェティック遺伝とカネミ油症」内分泌かく乱化学物質学会(6月, 2023、徳島)
6.澁谷 徹・堀谷幸治:「カネミ油症と継世代エピジェティック遺伝」日本毒性学会(2023年7月、横浜)
7.堀谷幸治・澁谷 徹:「ダイオキシン類はAryl hydrocarbon Receptor (Ah R)活性化によって継世代エピジェネテ遺伝 (TEI)を誘発する日本毒性学会(2023年7月、横浜)
8.T. Shibuya, Y. Horiya : Impact of endocrine disrupting chemicals to induce transgenerational epigenetic inheritance in future human generations –“Kenemi Yusho and Beyond-. The 10th International Congress of Asian society of Toxicology. (July, 2023, Taipei, Taiwan)
9.T. Shibuya, Y. Horiya : Transgenerational epigenetic inheritance in “Kanemi Yusho”. Symposium “Oil Disease in Japana and Taiwan. The 10th International Congress of Asian society of Toxicology. (July, 2023, Taipei, Taiwan)
10.Y. Horiya and T. Shibuya : Transgenerational epigenetic inheritance and epigenetic disruption of H19/IGF2 gene in “Kanemi Yusho”. The 10th International Congress of Asian society of Toxicology. (July, 2023, Taipei, Taiwan)
11.T. Shibuya, Y. Miyakawa, Y. Hashidume, R. Takeda, J. Hayakawa, Y. Horiya, and T.Fujino: “Kanemi Yusho”and transgenerational epigenetic inheritance. “Non-genetic Inheritance Symposium 2023. (Aug, 2023 . Zurich, Switerland) 

2021年以前
1.澁谷 徹、堀谷幸治:胎児から始まる毒性学の提案. 日本毒性学会第00回  2010年7月(盛岡)
2.T. Shibuya, Y. Horiya:Transgenerational effects of chemicals by mutagenicity and/or epimutagenicity, Environmental Mutagen Society, 43rd Meeting, Oct 2011, Montreal , Canada
3.堀谷幸治、澁谷 徹:エピジェネティック継世代遺伝(ETI)は毒性学におけるパラダイムシフトである. 日本環境変異原学会第49回大会、2020年11月(沼津)
3.澁谷 徹、堀谷幸治:始原生殖細胞はエピジェネティック継世代遺伝(ETI)における重要な標的である. 日本毒性学会第47回大会 2021年7月(神戸)
堀谷幸治、澁谷 徹、久保田健夫:エピジェネティクス継世代遺伝(ETI)と疾患 I・精神疾患(発表予定)、第50回日本環境変異原ゲノム学会第50回記念大会 
2021年11月(横須賀) 
                         以上